MENU
スポンサードリンク


(人気記事)簡単にできる!リクルートエージェントで職務経歴書を作成してみた
(注目記事)履歴書の正しい書き方に迷ったらプロに聞け!

前に落ちた会社に再応募しても良い?

どうしても行きたい会社があれば、どうしてもなかなかあきらめきれないという気持ちは非常によく分かります。

結論を言えば、良いか悪いかって言われれば前に落ちた会社にまた応募しても全然いいと思います。別に違法なことをするわけでもないですし応募したからといって怒られることもないですし最悪落ちるだけですからね。

この質問する人は、採用される可能性があるかどうかということを聞きたいのだと思いますけれども、それも可能性はゼロではないと思います。採用というのは相対的なものなのでいろいろな要素とかタイミングで結果はかなり左右されてしまいます。

例えば、その時たまたま強力なライバルがいた、とか、あのそのときはどういう人が求められていたとか、どういう要素が重視されたとかタイミングとかによって結構違います。
実際ある人材紹介会社で紹介されて応募した会社に落ちたのですが、その後自分で直接応募をかけて同じ会社に採用されたというケースも多かったです。実際に一回落ちても再チャレンジで採用される可能性もゼロではえないということです。

例えば求人案件説明書きの中に応募の条件としてわざわざ過去1年間に弊社に応募していない人みたいなことを書いている案件もあるぐらいです。ということは、これは過去に落ちたからといって完全に門戸を閉ざしているわけではないということのひとつの証拠です。それから会社によっては、過去の応募記録とかがきちんと整理されてないところもあるかもしれません。

まあどれぐらい採用される可能性があるかといわれると、あなたが当落線上ぎりぎりにいて落ちたのか、そうでないのかということもありますし、個人差がありますからどれだけチャンスがあるかはまったく分からないですけども、まあ繰り返しになりますが最悪でも落ちるだけなので諦められないのであれば、再チャレンジしても損はないと思います。
もし受かったらそれに勝ることはないです。

ということで、もう一回チャレンジしたい、どうしてもあの会社に入りたいという気持ちがあるのであればトライしてみてもらいです。

トップページへ戻る

(人気記事)簡単にできる!リクルートエージェントで職務経歴書を作成してみた
(注目記事)履歴書の正しい書き方に迷ったらプロに聞け!

スポンサードリンク



同じカテゴリー「転職活動のキモ」の一覧

人材紹介会社と直接応募

人材紹介会社と直接応募ではどちらが良い?

自分で直接求人に対する応募するのと人材紹介会社を使って紹介を受けるやり方とどちらがいいかというお話をします。 結論から言うと、どちらもやってくださいということになるんですけど、直接自分で応募する場合も […]

記事の続きを読む
転職成功

転職成功には転職活動の成功曲線を知る人が勝ち

今回は、「転職活動の成功曲線」というお話をします。 一般に成長曲線は経験則から導かれた活動量と成果の関係のことなんですけども一般的なイメージだと活動量と成果の関係というのは正比例の関係にあるように思え […]

記事の続きを読む
転職事例から学ぶ

転職事例から学ぶ『求人ない会社に応募』

前回に引き続き転職の事例を紹介します。今回は50代男性の方の事例です。 この方は過去に一回ちょっとキャリアチェンジがあった方なんですが、前半では営業職をやられて、あることがきっかけでキャリアの後半では […]

記事の続きを読む
転職の成功事例

転職の成功事例から学ぶ「条件を絶対視しない」

今回は転職の成功事例を紹介させていただきます。 この方は女性なんですけれども外資系の会社で勤務していて少人数の会社なんですが、ある部門の責任者を努めていたんですが、その部門がコストカットのため廃止され […]

記事の続きを読む
転職活動の不安

転職活動の不安とリスクを考える

今回は「転職活動の不安と失うもの」というお話をします。 転職活動は基本的には孤独で不安はつきものです。いろんな不安がありますが、中身をよく検証してみると実は取るに足らないものである ことがかなり多いで […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

転活応援侍のプロフィール

転職5回と会社倒産1回を経験し350社以上に履歴書を送付した経験を持つ元SEで今はキャリアコンサルタントやってます。

プロフィールの続きを読む

Copyright© 2020 履歴書や職務経歴書の書き方で1人で悩まないで!e転職で解決!

ページトップ