薬剤師の転職支援サービスを使って有利に転職

MENU
スポンサードリンク


薬剤師の転職サービスってどうなの?

【薬剤師の転職支援サービスでまだ迷ってるの?】
マイナビ薬剤師は、「利用者満足度No.1
楽天インサイト(2019年10月)
「薬剤師の人材紹介サービス15ブランドにおける調査」
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

マイナビ薬剤師

インターネットで医療分野のお仕事を検索するよりも、良い薬剤師の転職支援サービスで求人紹介してもらうほうが希望通りの求人がみつかりやすいです。

いわゆる転職サイト転職支援サービスの違うところは、転職サイトは、求人情報が掲載してあって、検索して探すだけなので、気になる企業や病院、調剤薬局の薬剤師求人があれば、自力で応募したりスケジューリングなどしなければなりません。

求人は公開しているのもありますが、非公開求人のほうが80~90%と多く、サービスを利用している薬剤師さんには、優先的に紹介してもらえます。希望の採用条件や年収に合った求人がない場合には、営業して探してもくれます。

応募する際の面倒な作業や採用条件の交渉などは全てサポートしてくれます。求人の紹介だけでなく今後のあなたのキャリアの方向性などのアドバイスも受けることができます。
登録、利用は無料で、利用者は料金を払う必要はありません。むしろお祝い金を出してくれるところもあるくらいです。

そんな薬剤師の転職支援サービスは、薬剤師不足もあって現在全国で、約150社ほどあります。

ここからは、薬剤師の転職支援サービスの内容、利用した場合のメリット、デメリットについて詳しくお伝えしていきます。

まだ、インターネットで薬剤師の求人情報を検索してるの?

あなたは、薬剤師のお仕事の求人をどういった方法で探していますか?

たぶん、インターネットを使ってハローワークや転職サイトで探す人がいちばん多いのではないでしょうか?

でも希望にかなった好条件の薬剤師の求人を見つけるのは、なかなか大変ですよね。
解決策として転職支援サービスを利用することも考えてみてはいかかでしょうか?

実は、インターネットで求人情報を検索するよりも、良い薬剤師の転職支援サービス会社から探すほうが希望通りの求人がみつかりやすいです。

えっ!?そうなの?
でも、なぜ?

その理由は、薬剤師の転職支援サービスに登録すると、薬剤師の非公開求人を優先的に紹介してもらえるからです。実は、ネット上に公開されている公開求人が全体の10%に大して非公開求人が80~90%を占めているんです。

なぜ求人を非公開にしているのでしょう?その理由は以下のとおりです。

  • 他の薬剤師の採用を考えている企業、病院に求人内容を知られたくないから
  • 企業や病院側としては、信頼している選ばれた転職支援サービス会社からしか、人材を紹介してもらいたくないから
  • 良い転職支援サービス会社には、たくさんの求人情報が集まるので、ネットへ掲載するのが追いつかないから

こういった理由から求人を非公開にしているわけで、好条件の求人に出会うためには、転職支援サービスを利用して非公開求人を紹介してもらう必要があります。

ハローワークのメリット・デメリット

メリットは、公開している求人数が圧倒的に多いことです。また、3ヶ月更新なので求人情報が新鮮です。
デメリットは、求人を紹介してくれるだけで、転職支援サービスのように年収や給与などの雇用条件の交渉はしてくれません。また、表向きは応募に年齢制限はありませんが、その会社が採用を考えている年齢以上だと確実に落とされます。

薬剤師の転職支援サービスって何?

薬剤師の転職支援サービス会社には、業界専門のコンサルタントがいて、「あなた」という求職者には求人情報を提供し、薬剤師の職種を持つ製薬会社などの業界、医院、調剤薬局、ドラッグストアなどの事業所、介護・福祉施設などに対して、「あなた」という人材を紹介しています。もはや薬剤師の転職には欠かせないサービスとなっています。薬剤師で転職経験者の87%が転職支援サービスを利用経験者です。
2009年度を例にすると、その数は約9000人にのぼります。

転職支援サービスのしくみを簡単に説明します。

1.まず、あなたが、薬剤師の転職支援サービスに登録します。
2.業界専門のコンサルタントがあなたの希望に合った求人を提案してくれます。
3.なたが応募してみたいとなれば、転職支援サービス会社が、病院、調剤薬局、企業などにあなたという人材を紹介します。
4.採用が決まれば、転職支援サービス会社は、病院、薬局、企業から紹介報酬を受取ります。

このように登録から採用決定まで一貫したサービスを提供してくれて、しかも無料で利用できるが転職支援サービスになります。
このようなしくみになっているので、薬剤師さんと人材が欲しい病院、薬局、企業の両方にとってWin=Win(両方が満足できる )の関係になります。

転職支援サービスに費用はかかるの?

○転職支援サービスは無料です
転職支援サービスの費用は結構かかるのでは?と心配になったかもしれません。転職支援サービスの費用は無料です。

○費用がかからない理由
薬剤師の転職支援サービスは、薬剤師の内定が決まると病院、企業側から人材紹介料が支払われるので、あなたは、登録も利用するのも一切無料です。それなので、あなたは、いっさいお金のいことを気にしないで転職活動に専念できます。

○無料ですが1点だけ注意点
転職支援サービスも奉仕活動をしているわけではありません。企業からの成功報酬を得て営利で活動しています。それなので、あなたに企業側のスタンスでアドバイスしたり、希望条件に合わないところへ転職を促したりするコンサルタントも一部ですがいますので、この点に気をつけて利用してください。

○転職支援サービスは複数利用しよう
ほとんどの転職支援サービスは、無料で利用できるので、大手、中小の支援サービス複数に登録して希望の求人に出会える確率を高くしましょう。

お祝い金が出るって本当?

転職支援サービスを利用して転職成功するとお祝い金がもらえるところがいくつかあります。金額もいろいろで、数千円から数十万円まであります。
でも、念頭においておかなければならないのは、お祝い金よりも自分の希望のいく満足する転職を実現することなので、あまりお祝い金にこだわらない方がいいです。お祝い金につられて自分と相性の良くないコンサルタントがいる転職支援サービスに登録してしまっては、いちばんの目的を達成できなくなってしまう可能性があります。

薬剤師の転職支援サービスの内容は?

  • あなたの希望を細かくヒアリングして、ぴったりの求人を紹介します。
  • 希望に近い求人をさらに好条件にできるように、あなたに代わって病院・企業と交渉してくれます。積極的にあなたの希望をお伝えください。
  • 面接のスケジュールなどの事務的な手続きも代行してくれます。
  • 履歴書の書き方や面接の受け方もアドバイスしてくれます。
  • 今の職場との円満な退職の仕方もアドバイスしてくれます。

在職中でも登録できるの?

もちろん登録できます。在職中で忙しいあなたに代わって薬剤師業界の専門コンサルタントが情報の収集をしてくれます。また、仕事が終わったあとの遅い時間でも相談にのってくれますし、内定後、円満に退職するためのノウハウも教えてくれます。もちろん在職中である、あなたの秘密は厳守されます。

転職支援サービスに登録するメリットは?

転職支援サービスのいちばんのメリットは、ひとりで転職活動するときに発生する面倒な作業や手続きをサポートしてもらえることです。それなので、在職中の転職活動も充分可能になります。

転職活動している際に応募先の会社の人事から連絡が来ているのに自分が確認するのが夜になってしまったり、仕事していない時間だったりすると先方が仕事していない夜に返信してもむこうが帰っていたりするので時間がかかってしまうところを転職支援サービスのエージェントが代わりにサポートしてくれます。
ですので、登録するメリットは充分にあります。それ以外にも年収の交渉をしてくれたり、福利厚生についての交渉、家賃補助とか奨学金控除について交渉してくれます。

他のメリットをあげると次のようになります。

  • 扱っている求人数が多い
  • 無料で利用できる
  • 非公開求人に出会える
  • 給与などの条件交渉をしてくれる
  • 履歴書の書き方や面接対策を教えてくれる
  • 企業への応募が簡単
  • 今後のキャリアについてアドバイスが受けられる
  • キャリアアップにつながる転職先を探しやすい
  • 応募先の詳細情報を教えてくれる
  • 働きながらでも転職活動しやすい

転職支援サービスの選び方

薬剤師さん向けの転職ランキングサイトや比較サイトは、根拠がなくあてになりません。理由は、宣伝するとお金出してくれる大手しか掲載していないからです。

大手がいいか中小の転職支援サービスのどちらがいいのかというと、一概にはいえませんが、友人や知人で転職成功した人が利用した転職支援サービスがあれば、そこを利用するのが迷わないひとつの方法です。

おすすめなのは、大手1社と中小1社の2つの転職支援サービスを比較して様子をみながら利用することです。大手は、売上重視のために転職を急かされたりするのが難点ですが安心感があっていいという人が多いです。中小は親身になって話を聞いてくれるのが良いところです。

転職支援サービスを使うのが向かない人とは?

転職支援サービスを使うのが向かない人は、以下のような人です。

  • 中高年の人
  • 正社員経験がないのに正社員になりたい人
  • 正社員だけれど、これといった売りがない人
  • 自己都合転職を繰り返してきた人
  • 未経験の分野にキャリアチェンジしようとしている人

上記の人は、「この人は転職しずらそう。」とコンサルタントに思われてしまい、積極的には対応してくれない傾向があります。こういった人は、転職支援サービスの利用をあきらめるのではなく、最初のコンサルタントとの面談のときに、自分を少しでもアピールできるよう十分準備をしておきコンサルタントに「紹介してあげよう」と思わせることが大切です。

薬剤師の転職支援サービスはどこがいい?

薬剤師の転職支援サービスを行っている会社は、現在、約150社にものぼります。エムスリーキャリア株式会社、KRASYS、マイナビ薬剤師、Medical island、求人ER などが割りと知られています。中には、お祝い金が出るところもあります。2009年度から医療系の転職支援サービスをはじめた会社は、約50社あり、ここ数年急増中です。

そんなに多くては、どこを選んでいいのか迷ってしまう・・・
どこも同じでないの?

という方が多いでしょう。その悩みを解決するべくインターネットで検索していると思います。

通常、転職支援サービスを利用する場合は、1社だけでなく複数利用するほうが効果があって早く転職できると言われています。転職支援サービス1社が保有している求人には限りがあります。それなので狭いマーケットにしか対応できません。広く対応するためには、複数の転職支援サービスに登録する必要があります。
だからといって、全てに登録しても時間的制約があります。それとコンサルタントとの相性という問題も出てきます。
こういった理由から、1社だけでなく複数社に登録して利用するのがいいということです。具体的には、5社くらい利用している人が多いです。

【薬剤師の転職支援サービスでまだ迷ってるの?】
マイナビ薬剤師は、「利用者満足度No.1
楽天インサイト(2019年10月)
「薬剤師の人材紹介サービス15ブランドにおける調査」
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

マイナビ薬剤師
トップページへ戻る

【関連記事】

転職支援サービスに登録するメリットは?
転職支援サービスに費用はいくらかかるの?
転職支援サービスの選び方と裏事情
転職支援サービスを使うのが向かない人とは?
薬剤師さんの転職は難しい?
薬剤師さんがハローワークで転職するメリット・デメリット
薬剤師が転職で年収700万円を実現する方法
薬剤師の転職で年収750万円は可能なのか?東京近郊では無理です。
薬剤師の求人で残業なしってありますか?
薬剤師が高収入の理由は単純です
高収入を得るには3つの方法があります
悩みを誰かに相談してみるのはあり

スポンサードリンク



同じカテゴリー「未分類」の一覧

転職支援サービスに登録するメリットは?

転職支援サービスに登録するメリットは?

【薬剤師の転職支援サービスでまだ迷ってるの?】マイナビ薬剤師は、「利用者満足度No.1」 楽天インサイト(2019年10月) 「薬剤師の人材紹介サービス15ブランドにおける調査」 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓  […]

記事の続きを読む
薬剤師の転職支援サービス

薬剤師の転職サービスってどうなの?

【薬剤師の転職支援サービスでまだ迷ってるの?】 マイナビ薬剤師は、「利用者満足度No.1」 楽天インサイト(2019年10月) 「薬剤師の人材紹介サービス15ブランドにおける調査」 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ […]

記事の続きを読む
転職支援サービスを使うのが向かない人とは

転職支援サービスを使うのが向かない人とは?

転職支援サービスを使うのが向かない人は、 ・中高年の人・正社員経験がないのに正社員になりたい人・正社員だけれど、これといった売りがない人・自己都合転職を繰り返してきた人・未経験の分野にキャリアチェンジ […]

記事の続きを読む
コロナ 転職

コロナで転職できないのか?

新型コロナウイルスが広がりはじめて1年が経ちました。 新型コロナ禍が始まって半年くらい経ってから転職を検討しだした人は多いのではないでしょうか?ところが新型コロナウイルスはまだ終息の気配がありません。 […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

転活応援侍のプロフィール

転職5回と会社倒産1回を経験し350社以上に履歴書を送付した経験を持つ元SEで今はキャリアコンサルタントやってます。

プロフィールの続きを読む

Copyright© 2021 履歴書や職務経歴書の書き方で1人で悩まないで!e転職で解決!

ページトップ