転職市場とマネジメント経験・リーダー経験

MENU
履歴書や職務経歴書の書き方で1人で悩まないで!e転職で解決! TOP  >  転職活動のキモ  >  転職市場とマネジメント経験・リーダー経験の関係
スポンサードリンク


(人気記事)簡単にできる!リクルートエージェントで職務経歴書を作成してみた
(注目記事)履歴書の正しい書き方に迷ったらプロに聞け!

転職市場とマネジメント経験・リーダー経験の関係

今回は転職とマネジメント経験、リーダー経験の関係についてお話したいと思います

一定の年齢以上になってくると、一個人、1プレイヤーとしての働きだけでもなくて、ほかの社員とかかわって組織として結果を出すということが、求められるようになるわけです。
会社の規模にもよりますが、30才を過ぎれば何らかのリーダー経験があって当然だと思いますし40代ともなれば、部下を持ってマネージメントを行う経験を持つことも求められます。つまりそういった年代を対象とした求人であれば総合マネジメント経験とかリーダー経験あるいは能力というものが求められているということです。

しかし実際問題としては、履歴書や職務経歴書には、そういった記述ではなく、1プレーヤーとしての記述に終始している人が少なくないです。やっぱりそれなりの年齢に人は1プレーヤーとしての実績や能力だけをどんなにアピールしても駄目だということです。

ただ現実問題として組織のフラット化とか人件費削減という目的で年齢が高くなっても相応のポジションとかマネジメントの役割を与えられない人が増えていることも事実です。
でも転職市場では、やっぱり年齢相応のポジションを任せられる人材と思われないと再就職も難しくなってしまいます。なので仮に明確な役職経験がなかったとしてもできるだけマネジメント的経験、リーダー的経験に相当する経験を抽出してそれを記述するということです。

例えば、アルバイトの実技指導したとか、若手社員のササポートをして成約させることができたとか、いろいろあると思うんですけども、そういうものできるだけ盛り込むことによって仮に実績として十分ではなかったとしても、もし、そういうポジションを任せれば、務まるだけのポテンシャルがあるということをできる限り伝えるということが大切かと思います。

あえて言うことで出来る限り伝えることが必要かと思います。
相応の年齢になっている人は、その側面にできるだけ配慮した記述を心掛けていただきたいです。

トップページへ戻る

(人気記事)簡単にできる!リクルートエージェントで職務経歴書を作成してみた
(注目記事)履歴書の正しい書き方に迷ったらプロに聞け!

スポンサードリンク



同じカテゴリー「転職活動のキモ」の一覧

転職事例から学ぶ

転職事例から学ぶ『求人ない会社に応募』

前回に引き続き転職の事例を紹介します。今回は50代男性の方の事例です。 この方は過去に一回ちょっとキャリアチェンジがあった方なんですが、前半では営業職をやられて、あることがきっかけでキャリアの後半では […]

記事の続きを読む
転職の成功事例

転職の成功事例から学ぶ「条件を絶対視しない」

今回は転職の成功事例を紹介させていただきます。 この方は女性なんですけれども外資系の会社で勤務していて少人数の会社なんですが、ある部門の責任者を努めていたんですが、その部門がコストカットのため廃止され […]

記事の続きを読む
転職活動の不安

転職活動の不安とリスクを考える

今回は「転職活動の不安と失うもの」というお話をします。 転職活動は基本的には孤独で不安はつきものです。いろんな不安がありますが、中身をよく検証してみると実は取るに足らないものである ことがかなり多いで […]

記事の続きを読む
転職成功の秘訣

転職成功の確率と活動量の関係とは?

転職成功の確率と活動量の関係という話をしたいと思います。 いつどこの会社に就職できるかどうかっていうのはも自分ではコントロールがまったく できないですけれども転職のチャンスを増やすとか確率を高めるとい […]

記事の続きを読む
転職活動の開始時期

転職活動の開始時期はできるだけ早い方が良いの?

転職活動の開始時期はできるだけ早い方がいいのかっていうことについて話をします。 まずは結論から言うと転職をするということが前提であるならば、早めに転職した方がいいことは間違いないです。転職をしないで年 […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

転活応援侍のプロフィール

転職5回と会社倒産1回を経験し350社以上に履歴書を送付した経験を持つ元SEで今はキャリアコンサルタントやってます。

プロフィールの続きを読む

Copyright© 2020 履歴書や職務経歴書の書き方で1人で悩まないで!e転職で解決!

ページトップ