MENU
スポンサードリンク


(人気記事)簡単にできる!リクルートエージェントで職務経歴書を作成してみた
(注目記事)履歴書の正しい書き方に迷ったらプロに聞け!

転職先を最終決断する基準とは?

今回は、転職先を最終決断するときの基準とは?という話をします。
転職活動は厳しくて辛いですけども遅かれ早かれ必ずゴールがやってくるはずなんです。
「よし、ここにしよう!」とか「やっぱどうかな?」って悩んだり判断するときの状況というのは、微妙に人それぞれ違うと思うんですけど、例えば全然内定が取れなかったんだけども初めてある会社から内定を受けた、でその会社にいくべきかいかざるべきかという判断が必要な時もありますし、同時期に2つとか3つの複数の内定が重なって、そのどちらの会社に行くかという判断で迷ったりするときもあります。

そのときに何を基準に判断するかというと、その会社で提示されている給与が生活を成立させるだけの最低限を満たしているということがまず絶対条件ですね。

その上でその他に大切な諸々の要素があります。例えば死後とのやりがいとか社風とかその会社の安定性とか将来性とかあるいは経営者の考え方とか経営者との相性とか、また給与も最低限クリアしているだけではなくて高ければ高いということもありますのでその金額水準についても当然検討要素になります。

それで何を優先していくかという優先していくかという順位づけは一概には言えないんですけど、例えば安定性とか将来性というのはもちろん大切で、今にも倒産しそうだという会社にあえて飛び込む必要性は全くないですよね。

ただ、今の世の中大企業でもいきなり潰れてしまうっていうこともありえる時代ですし普通の企業が将来どうなるかなんて入社する前になかなかわかるものではありません。
それからその企業がものすごく将来性があって安定していることがあったとしてもその企業の将来性とそこで務める従業員個人の幸せって必ずしもリンクしない可能性があると思います。なのでそれが第一にくるのかはちょっと疑問を感じるところではあります。

やっぱり一番多いのは給与の高いところに行きたいなぁっていう希望とかニーズっていうのはすごく強いと思います。ただこれまで支援させていただいた経験から言うと給与第一というのを判断基準にするというのは結構リスクが高いです。

転職時の給与というのは転職して入社した時の一時的なものなんです。その入社時、転職時の給与の高さよりも入社後に頑張れば上がるのか?とかそもその職場が頑張れる環境なのかということのほうがより重要なのかなと思います。

例えば提示された給与は確かに高かったんだけれども入社してみると硬直的な組織で上がつっかえていて頑張っても頑張っても出世できないとか、人間関係とか諸々の問題でどうも働きづらい職場とか、そういった可能性もあります。

一般的にはその転職先で長期に努めて、そこでキャリア形成できるっていうのが今一番 いいことだと思うのでそこでの仕事にやりがいが感じられるかどうかとか、そこの職場で活躍するイメージが描けるかどうかということはすごく大事です。

仮に給与が高かったとしても仕事にやりがいも感じられなければ結果に繋がらないですし、ただ毎日が苦痛だと思うんですね。逆に仕事にやりがいが感じられれば、自然と頑張れますし自然と結果にもつながるでしょうし、その結果待遇もよくなるといういい循環になるということです。
それなのでやっぱり給与の高さが第一条件ではなくてそこでの仕事のやりがいとかそこで活躍できるかどうかっていうことの方が、より大事なのではないかなと思います。

それからこれは特に企業の規模が小さいときによく言われんですけど経営者の資質とか考え方、相性などは小さい会社ではは重要になります。よく中小企業は社長がすべてとよく言いますけど、中小企業に入られる方は社長をよくみるっていうことが大事かと思います。

今回お話したかったことは、給与とか待遇などの条件的なものを優先して会社とか仕事との相性を気にしない人はやっぱりうまくいかなくて続かないケースが多いように思いますのでその点を考慮した上で、ここぞという会社を決めてもらいたいと思います。

トップページへ戻る

(人気記事)簡単にできる!リクルートエージェントで職務経歴書を作成してみた
(注目記事)履歴書の正しい書き方に迷ったらプロに聞け!

スポンサードリンク



同じカテゴリー「転職活動のキモ」の一覧

転職事例から学ぶ

転職事例から学ぶ『求人ない会社に応募』

前回に引き続き転職の事例を紹介します。今回は50代男性の方の事例です。 この方は過去に一回ちょっとキャリアチェンジがあった方なんですが、前半では営業職をやられて、あることがきっかけでキャリアの後半では […]

記事の続きを読む
転職の成功事例

転職の成功事例から学ぶ「条件を絶対視しない」

今回は転職の成功事例を紹介させていただきます。 この方は女性なんですけれども外資系の会社で勤務していて少人数の会社なんですが、ある部門の責任者を努めていたんですが、その部門がコストカットのため廃止され […]

記事の続きを読む
転職活動の不安

転職活動の不安とリスクを考える

今回は「転職活動の不安と失うもの」というお話をします。 転職活動は基本的には孤独で不安はつきものです。いろんな不安がありますが、中身をよく検証してみると実は取るに足らないものである ことがかなり多いで […]

記事の続きを読む
転職成功の秘訣

転職成功の確率と活動量の関係とは?

転職成功の確率と活動量の関係という話をしたいと思います。 いつどこの会社に就職できるかどうかっていうのはも自分ではコントロールがまったく できないですけれども転職のチャンスを増やすとか確率を高めるとい […]

記事の続きを読む
転職活動の開始時期

転職活動の開始時期はできるだけ早い方が良いの?

転職活動の開始時期はできるだけ早い方がいいのかっていうことについて話をします。 まずは結論から言うと転職をするということが前提であるならば、早めに転職した方がいいことは間違いないです。転職をしないで年 […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

転活応援侍のプロフィール

転職5回と会社倒産1回を経験し350社以上に履歴書を送付した経験を持つ元SEで今はキャリアコンサルタントやってます。

プロフィールの続きを読む

Copyright© 2020 履歴書や職務経歴書の書き方で1人で悩まないで!e転職で解決!

ページトップ