MENU
スポンサードリンク


(人気記事)簡単にできる!リクルートエージェントで職務経歴書を作成してみた
(注目記事)履歴書の正しい書き方に迷ったらプロに聞け!

ブラック企業の特徴トップ7

ブラック企業の特徴トップ7をご紹介します。
ブラックな職場がヤバいよ、というお話をしますが、ブラックの職場に関するヤバさってのはやっぱり理解しないと行動しようという気が起きません。精神的に蝕まれるのはもちろん、肉体的にもかなりダメージを受けます。
ここでは、ブラックな企業や職場の特徴を7つに分類し、どういったダメージを受けてしまうのか、まとめました。

ちなみに私、転職応援侍が、以前在籍していた企業では、この7つの特徴がすべてあてはまっていました。

では、7位からカウントダウンしていきます。

第7位 長時間労働

まあ当たり前ですけど長時間労働がストレスになったりもするとか分かりますよね。
この長時間労働も労働時間で作り上げるモノの方が大事なんで無駄に長くなってしまう仕事ってよくないわけです。

会社では、上の人が絶対的な支配者なんですね。だからその下の人現場の人は、いろいろ仕事しても上の人に言ってダメって言われたらまたやり直しになるんです。だったら最初から言ってよみたいな感じで、全部やり直しになったりすることが結構あるわけです。

これは上の人が指示を出してないのがいけないのですが、指示を出していないけど文句を言うんですよね。こういう人たちが長時間労働のしかも「無駄な長時間労働」を作っているんです。

長時間頑張ることが悪いって言ってるんじゃないんです。頑張らなくてもいいとか、部下の時間が無駄にならないようにするのが上司の仕事なのに文句だけ言って、時間を無駄にする、だけど指示は出さないみたいな、ろくでもない奴らですね。

こういう上司がいるところは、もう辞めた方がいいです。

第6位 コントロール感がない

これは、仕事をどう進めるのかを自分の意思でちゃんと決められてるぞ、というように思えるかどうかがです。これは仕事の満足度に対し非常に重要になってきます。

実際に、人生でも自分は人生の中でやりたいことができている、自分の力で自分の人生を決めることができてるって思ってる人たちは、やっぱり幸せになるしストレスに強くなります

第5位 役割があいまい

これは何かっていうと、

「自分はなに責任を持てばいいのかわからない」とか、
「自分は何のために仕事をしてるのか?」
「何を仕事として求められていいのかわからない」

っていうのは、実は結構仕事に対するストレスに大きくかかわってくるということがわかっています。

つまり、自分がこういう仕事をしています、自分は会社内でこういうふうにみんなの役に立ってるって感覚がなかったらやる気なくなりますよね。

この仕事の役割のあいまいさっていうのは、これがあいまいになればなるほど疲労感が高まることがわかってます。

これは、なかなか面白いですよね。

自分が何のために働いているのか、何の役に立っているとか分からないで働くと無駄に疲れるってことなんです。

第4位 作業負荷が高い

これは長時間労働とすごく似てるんですけど、これは単位時間当たり労働量の大きさのことです。

分かりやすくいうと時間はないのにやることが多い、指示の出し方が悪くて無駄に作業量が多くなっちゃってるのに時間が足りないということです。
だから1時間あたりにやらなきゃいけない仕事が多すぎるってことです。

これはただ単に、意味がある忙しさではなくて無駄な仕事と一番やるべき事というか優先順位がついてないとこういうことが起きてしまいます。

第3位 ネガティブコミュニケーション

これはなにかというと嫌な上司とか気に食わない同僚といやな同僚とか性格の悪い人同僚とかに嫌味を言われたり暴言吐かれたり書かれたりとか、とにかく会社の中のでネガティブのコミュニケーションが多いほど健康には、デメリットが出てきます。何がデメリットかというとこれやられると不眠症になっちゃいます

不眠と非常に相関しているのがネガティブコミュニケーションなんです

第2位 役割の衝突

これは、ある人からの指示と別の人からの指示が異なってバッティングするみたいなことです。

一貫しない指示がガンガン仕事の合間に飛んでくる、これもめちゃくちゃ体に悪いってことがわかっています。

特に胃に穴が開いたりとか消化器官の不調とかに非常に関わってることが言われています。皆さんの会社でも例えば部長には、こういわれたが課長には、こういわれる、矛盾すること言われて胃が痛くなっちゃうんです。

第1位 仕事の制限が多い

これは、さっきのコントロール感が少ないことに非常に似てるんですけど最も体を壊しやすい、メンタルを壊しやすい特徴というのは仕事上の制限が多いことです。

具体的には、作業をこなすのに必要な人員が足りないとか、時間がないとかっていうのは、もちろん入るんですけど、あとは必要な情報が手に入らない、伝えたいことが伝えられない。

だからやりたいことがあるのに、それを上の人に制限されることは実は一番体を起こしやすいとことがわかっています。

例えばた普通の会社などの場合、営業したりとか外に出て作業をしたいと思ってるのに、上司から会社から外に出させてもらえないとか、集中して資料を作りたいとか自分やるべき仕事に取り組みたいと思うのに、どうでもいい仕事を上司から振られたりとか、超忙しいのにいきなり上司が飲み会に誘ってきたりとかして仕事がしたいのにできないなどの制限ですね。

こうやって仕事上に無駄な制限を与えられることが人間が仕事で一番心や体を病んでしまうことがわかっています。

とにかく自分がやりたいと思ってる仕事に必要なことができないような職場っていうのは、めちゃくちゃ体を壊します。これも疲労感と消化器官の不調と関わっていることが分かっているのでやっぱり仕事で胃が痛くなたりむちゃくちゃ疲労感を抱えちゃったりとかする人がいます。

特に上半身にガッとくる疲労感というのは、仕事上の無駄な制限が作りだしている可能性はあります。

【この記事の出典元】

サンジャポ出演が【上の人に潰されました】京アニ実名報道批判へのマスコミの対応がこれ|メンタリストDaigo

(人気記事)簡単にできる!リクルートエージェントで職務経歴書を作成してみた
(注目記事)履歴書の正しい書き方に迷ったらプロに聞け!

スポンサードリンク



同じカテゴリー「コラム」の一覧

転職で失敗する人の特徴

転職で失敗する人の特徴

転職、独立とか起業など職を変わるということは、今の日本では当たり前になってきています。同じ会社にずっと尽くし続ける時代でもないですから。 ところがそうなってくると転職が合っている人と合ってない人がいる […]

記事の続きを読む
ブラック企業の特徴トップ7

ブラック企業の特徴トップ7

ブラック企業の特徴トップ7をご紹介します。 ブラックな職場がヤバいよ、というお話をしますが、ブラックの職場に関するヤバさってのはやっぱり理解しないと行動しようという気が起きません。精神的に蝕まれるのは […]

記事の続きを読む
書類選考のコツ

希望する仕事で書類選考を突破するポイントは?

転職活動を開始して数カ月が経過しますが、いくつの会社に志願しても書類選考を一向に通らず、面接まで進展したことが一回もありません。しかしながら対象にしていない仕事の人材募集からは面接のリクエストを頂きま […]

記事の続きを読む
ドローン 仕事にするには

ドローンを仕事にするには?

>>マンガの続きが気になる人はコチラ 今話題のドローンを仕事にするには、いちばんてっとり早いのは、ドローンパイロットスクールに通ってドローン資格認定機関である一般社団法人ドローン操縦士協会(DPA)の […]

記事の続きを読む
応募書類はプレゼンテーション書類

応募書類はプレゼンテーション書類という意識を持て

ご存知の通り現在は超買い手市場と呼ばれる状態で一つの案件に対して数十人という人が応募に殺到する状況になってます。こういう状況では書類のつくり方というも売り手市場のときの作り方とは全く違う必要があります […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

転活応援侍のプロフィール

転職5回と会社倒産1回を経験し350社以上に履歴書を送付した経験を持つ元SEで今はキャリアコンサルタントやってます。

プロフィールの続きを読む

Copyright© 2019 履歴書や職務経歴書の書き方で1人で悩まないで!e転職で解決!

ページトップ