MENU
履歴書や職務経歴書の書き方で1人で悩まないで!e転職で解決! TOP  >  コラム  >  希望する仕事で書類選考を突破するポイントは?
スポンサードリンク


(人気記事)簡単にできる!リクルートエージェントで職務経歴書を作成してみた
(注目記事)履歴書の正しい書き方に迷ったらプロに聞け!

希望する仕事で書類選考を突破するポイントは?

転職活動を開始して数カ月が経過しますが、いくつの会社に志願しても書類選考を一向に通らず、面接まで進展したことが一回もありません。しかしながら対象にしていない仕事の人材募集からは面接のリクエストを頂きます。希望する仕事で書類選考を突破するポイントを教えてください。(33歳/男)

応募書類に記載する能力や経験を希望する仕事内容に適合させるのが大切。

あなたがエントリーしている会社の書類選考は通らず、違う職種の人材募集からは面接のリクエストが来ているという実態を考えると、応募書類に書かれてる内容が応募している会社の職種に合わないということではないかと推測されます。

書類選考を効率的に乗り切るために重要なのは、あなたが持っている技能やキャリアを求めている会社・職種に志願することです。転職では即戦力としての働きが要求されるのが基本です。募集している職種ですぐに実効性がある技能・キャリアが履歴書や職務経歴書に書かれてるほど、書類選考を通る確率は高まると考えてください。

しかし、他の業種や異職種への転職、といったキャリアチェンジを目指している場合、あなたの技能や経験が、会社のニーズとキッチリあてはまることはほとんどないでしょう。そのようなときに念頭に置いてほしいのが、意気込みをきちんとPRすることと、完璧には当てはまらないまでも応募する会社・職種で活かせそうな技能・経験を明示することです。

ポイントは志望動機と自己ピーアールの書き方にあります。

志望動機にはその会社・職種でなければならない理由とキャリアチェンジによって何を実現したいかを、可能な限り詳細に記載します。ネット上にあるような流用と評価されてしまいそうな浅薄な志望動機では、意気込みを伝えることはできません。自己ピーアールには、自信がある技能やキャリアではなく、応募する会社・職種で要求されている技能・経験を、あなたのキャリヤの中から見つけ出して記載するようにしましょう。転職後に即戦力として成果を出せる要素があることと成長できる可能性があることを明確にすることが大事です。

(人気記事)簡単にできる!リクルートエージェントで職務経歴書を作成してみた
(注目記事)履歴書の正しい書き方に迷ったらプロに聞け!

スポンサードリンク



同じカテゴリー「コラム」の一覧

転職で失敗する人の特徴

転職で失敗する人の特徴

転職、独立とか起業など職を変わるということは、今の日本では当たり前になってきています。同じ会社にずっと尽くし続ける時代でもないですから。 ところがそうなってくると転職が合っている人と合ってない人がいる […]

記事の続きを読む
ブラック企業の特徴トップ7

ブラック企業の特徴トップ7

ブラック企業の特徴トップ7をご紹介します。 ブラックな職場がヤバいよ、というお話をしますが、ブラックの職場に関するヤバさってのはやっぱり理解しないと行動しようという気が起きません。精神的に蝕まれるのは […]

記事の続きを読む
書類選考のコツ

希望する仕事で書類選考を突破するポイントは?

転職活動を開始して数カ月が経過しますが、いくつの会社に志願しても書類選考を一向に通らず、面接まで進展したことが一回もありません。しかしながら対象にしていない仕事の人材募集からは面接のリクエストを頂きま […]

記事の続きを読む
ドローン 仕事にするには

ドローンを仕事にするには?

>>マンガの続きが気になる人はコチラ 今話題のドローンを仕事にするには、いちばんてっとり早いのは、ドローンパイロットスクールに通ってドローン資格認定機関である一般社団法人ドローン操縦士協会(DPA)の […]

記事の続きを読む
応募書類はプレゼンテーション書類

応募書類はプレゼンテーション書類という意識を持て

ご存知の通り現在は超買い手市場と呼ばれる状態で一つの案件に対して数十人という人が応募に殺到する状況になってます。こういう状況では書類のつくり方というも売り手市場のときの作り方とは全く違う必要があります […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

転活応援侍のプロフィール

転職5回と会社倒産1回を経験し350社以上に履歴書を送付した経験を持つ元SEで今はキャリアコンサルタントやってます。

プロフィールの続きを読む

Copyright© 2019 履歴書や職務経歴書の書き方で1人で悩まないで!e転職で解決!

ページトップ