応募書類の作成にかける時間

MENU
履歴書や職務経歴書の書き方で1人で悩まないで!e転職で解決! TOP  >  応募書類  >  応募書類作成にどれくらい時間をかける?
スポンサードリンク


(人気記事)簡単にできる!リクルートエージェントで職務経歴書を作成してみた
(注目記事)履歴書の正しい書き方に迷ったらプロに聞け!

応募書類作成にどれくらい時間をかける?

応募書類 作成

応募書類作成にどれくらい時間を掛けるのかという話をします。実際に転職経験があって書類の作成も経験もある人ならわかっていることと思います。

転職活動で成果を出すための絶対的と言っていいくらいの必要条件が、あなたの長所を最大限に伝えられる応募書類を作り上げることです。

ただ一通りの体裁が整っていればいいというのであれば、どこからかひな型をダウンロードしてきて、そこにで当てはめていけば、そんなに時間もかかりません。そういった作り方なら、履歴書と職務経歴書の両方で2、3日もあればできてしまいます。実際にそういう体裁が整っているだけの状態に近い人が大半かなと思います。

まずは「棚卸し」

しかし、応募すれば必ず一定の割合でコンスタントに面接が入ってくるような書類にするには、それだけの時間ではとても足りないです。まず、自分がどんな仕事をやって来たのか、そしてその中どういったことをアピールすべきであるか、ということを明らかにするための「棚卸し」という作業があるんですけど、まず、この作業に時間がかかります。

それから、そこから抽出した材料をうまくアピールするための構成とかレイアウトとかっていうことにも結構気を配る必要があります。ざっくりいうと、棚卸しには、少なくとも2,3日の時間はかかりますし、かけたほうがいいです。それをふまえてコンテンツを作成してレイアウトを調整してというところまでもっていくためには、履歴書と職務経歴書だけでも、まずはざっくり1週間は最低かかると思います。それに加えて独立した自己PR文も絶対作ってください。

しっかり準備するなら1カ月

ここで、それぞれの書類の作成にかける労力の比較をざっくり説明すると、履歴書にかかるエネルギーを「1」とすると、経歴証明書と自己pr文は、「3~6」くらいの労力はかかるかなと思います。自己pr文は、慣れれば別なんですけども、書き慣れないとかなり時間がかります。職務経歴書以上に時間がかかったりします。

自己pr文まで含めたすべての書類を仕上げるには、どんなに短くても半月、しっかり準備しようと思えば、1カ月近くかかります。

そんなにかかるの!?

っていう人が大半じゃないかなと思います。

でも、ここで1、2週間を惜しんで完成度の低い書類のまま転職活動に入ってしまうと、なかなか面接にも進めないことになり、結局転職活動が長期化してしまうことになります。逆に完成度の高い応募書類を苦労していったん作り上げてしまえば、面接はコンスタントに入ってくるし、なおかつ、あなたの長所を十分に理解された上での面接っていうことになるので、面接自体も有利に進むことになります。

応募書類の完成度というのは、その後の転職活動全体を変えるインパクトがあるということを十分に考えていただきたいと思います。

 

[AFB] トップページへ戻る

(人気記事)簡単にできる!リクルートエージェントで職務経歴書を作成してみた
(注目記事)履歴書の正しい書き方に迷ったらプロに聞け!

スポンサードリンク



同じカテゴリー「応募書類」の一覧

応募書類 作成

応募書類作成にどれくらい時間をかける?

応募書類作成にどれくらい時間を掛けるのかという話をします。実際に転職経験があって書類の作成も経験もある人ならわかっていることと思います。 転職活動で成果を出すための絶対的と言っていいくらいの必要条件が […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

転活応援侍のプロフィール

転職5回と会社倒産1回を経験し350社以上に履歴書を送付した経験を持つ元SEで今はキャリアコンサルタントやってます。

プロフィールの続きを読む

Copyright© 2018 履歴書や職務経歴書の書き方で1人で悩まないで!e転職で解決!

ページトップ